アメコミヒストリー

マーベル振り返ったり考察したり

渋くてかわいい!おじカワ!ブラット・ピット推し映画3選!

2022年9月1日公開、ブラットトレイの試写記念でブラット・ピットらが来日した。
f:id:rkomuta:20220825075307j:image

新幹線を舞台にした映画ということで、一般乗車の新幹線に乗って劇場までブラット・ピットらが足を運んだ。

ファンサービスはSNSで沢山投稿されている。みんなかわいい…

かわいいイケオジなブラット・ピットも58歳になるが、過去作を振り返るとそのキレは衰えていない。いや、感じさせない

 

ということで、僕が好きなブラット・ピットの映画を3つ程挙げたいと思う。週末映画タイムの参考にでもしてくださいまし。

 

 

 

・ちょい悪刑事ブラッピの鬱エンド

f:id:rkomuta:20220825122625j:image

1995年に公開された「セブン」は、暴食から始まる7つの大罪になぞらえた事件を追いかけていくサスペンススリラー。

チョイ悪刑事のブラピ(当時31歳)定年退職7日前のモーガン・フリーマンが得体の知れない犯人を追いかけるというお話。


f:id:rkomuta:20220825211837j:image

この映画はブラット・ピットがまだ優しさの中にある激しさを匂わせるナイスミドルな31歳を惜しげもなく使ってるところが良き。エロい。推せる。

後は映画全体に纏うシリアスでダークな色を街のトーンで表現し、得体の知れない思考がまるでこちらを見ているようなストーリーラインが秀逸。話の展開を予期させない所にある本作の評価の高さが伺える。

予期させない展開だからオチが読めるはずがない。僕はまだこのラストを予言した人を見たことがない。

 

 

 

・秀才激強パッパが世界を救う

f:id:rkomuta:20220825211930j:image

小説原作の本作。他のゾンビものとはふた味も違う、2013年公開のワールドウォーZを推したい。

 

お話としては、驚異的な感染力で政府機能どころか国自体が麻痺。国連は戦艦を最後の砦、避難基地として使用し、優秀な元国連職員のブラット・ピットに希望を託す、という感じ

 

まず一味目はセミロングなブラピ(当時51歳)がかわいい。

元国連職員で銃の扱い方もバリバリ、目の前の障害を瞬時に判断して切る抜けるかっこよさも目を引く所だ。

 

そしてふた味目はゾンビそのものだ。

噛まれると個体差はあっても十秒程でゾンビになる莫大な感染力。その上ジャンプしたり、全速力で走ったりする強靭さ。何よりも群れで行動する習性があるため、高い壁を幾人と重なって乗り越えてくる。

f:id:rkomuta:20220826123022j:image

あまりの感染力に都市部がほぼ壊滅状態に追いやられるほど。スクリーンいっぱいにかけぬけるゾンビの波は今までにない衝撃さだ。

 

現在は続編企画が中止になり、オンラインゲームの発売がされているので気になればプレイしてみてほしい。

f:id:rkomuta:20220826123635j:image

 

 

・ブラピ、戦車に乗る。

f:id:rkomuta:20220826123752j:image

2014年公開のフューリーも推しておこう。

舞台1945年4月の第二次世界大戦。戦車一つに男5人が乗り込み、心の中に闇を抱えながら敵と戦う作品。

所謂戦争ものというだけあって

オールバックなブラット・ピットが渋くてかっこいい

と話題になった。


f:id:rkomuta:20220826125228j:image

撮影には実際の戦車が使われており、臨場感はかなりエグいものになっている。わりとゴア表現もあるが、その世界観にあって不思議ではないような作りになっているので過剰さを感じられない。

 

この映画は観てこそ語れるものがあるのでここまでにしておく。是非ともサブスクなどで視聴してほしい。

 

 

まとめるとブラット・ピットはかわいい

 

いかがだったろうか。60前になっても色褪せないエロさが残るブラット・ピット、週末のお供に是非とも映画を楽しんでほしいと思う。